バージョン履歴

提供: Astroneer Wiki
移動先: 案内検索

更新履歴 PCバージョンを追跡します。 (バージョン番号は、Steam版とXbox/UWP版では若干関連化しています)

プレアルファ版[編集 | ソースを編集]

0.2.10153.0
0.2.10.153.0
2017-4-21
  • ツール拡張システムを追加しました。拡張アイテムはツールに装着するだけで、アップグレードまたは動作を切り替えされます。
  • 地形ツールは、バックパックが開かれているときに補完するために相互作用できるようになりました。[1]
  • 新しいアンロック可能な拡張アイテムが追加されました。
  • 地形診断機:物質/色をメータがいっぱいになるまで、採取すると。地形追加時には、採取した色が使用され、地形を削るときにはフィルターがかかるようになります。
  • 範囲拡張MOD:採掘速度が低下する代わりに、採掘範囲を向上させます。
  • 範囲縮小MOD:採掘範囲が狭くなる代わりに、採掘速度を向上させます。
  • 塗装MOD[2]:地形ツールでのみ有効化可能、地形ツールの地形追加/切削機能が使えなくなる代わりに、地形に色を塗れるようになります。
  • これらのMODのアンロックは装備タイプの属性をもつアーティファクトから出やすいです[3]
  • 難易度向上:ゲーム開始時に使用可能な装備アイテムの個数が少なくなるため、多くの装備タイプアーティファクト研究する必要があります。
  • 装備タイプアーティファクトはコモンより少ない。
  • ヒドラジンプラットフォームを交換するで取り扱われなくなるようだ。
  • バックパックは片方が開きます。スペースが空いている場合、ツールの相互作用がサポートされ、先に視界から消えます。
  • バックパックは暗いところで、視認性を補助するため光ります。
  • デフォルトの地形ツールのブラシサイズは大きめに調整されました。
  • 地形ツールで地形追加をしている時に、拡張MODを装着していない場合、灰色の地形が作られます。
  • 地形ツール表示範囲に表示されている矢印に現在の色を示すようにしてあります。
  • プレイヤーと所持しているアイテム間にインジケーターを追加しました。[4]
  • マルチ時に、他のプレイヤーの選択している色が示されるようになりました。
  • ダイナマイトの爆破範囲と、爆発威力が向上しました、マルチでは、ダイナマイトは一緒にパックされる。
  • バックパック地形ツールがいっぱいの時に、カメラの動作が変化します。[5]
  • 乗り物のプログラムを変更したおかげで、安定性が向上しました。
  • 形をいじるときにVFXを追加しました。
  • いくつかの重要な修正がCPUのパフォーマンスを向上させる鍵になりました。
  • いくつかのセーブデータのロード時にクラッシュする問題を修正しました。
  • ロードされていない状態の時にいくつかのオブジェクトが地下に落ちてしまう問題を修正しました。
  • 草等の枝、葉がダイナナイト爆破の後に浮遊していた問題を修正。
  • バックパック左上のスロットがいっぱいだった場合に回収したテザーが消滅してしまった問題を修正。
  • テザーを走っている時に設置できなくなりました。
  • カーソルがプレイヤーの前にいないときにはアバターが周囲を見渡すように修正。
  • 補助スロットで使用するアイテムが作成時に自動的に補助スロットに装備しないように修正[6]
  • マルチ時にアンロックメッセージが各クライアントに表示されてしまう問題を修正。
  • マルチ時の同期がとれなくなってしまう諸バクを修正。
0.2.10131.0
0.2.10.131.0
2017-3-17
  • 新しい石のアーティファクトを8つ追加しました。
  • セーブデータの削除ができるようになりました。
  • セーブデータが修正されたスロット番号を使うようになりました。
  • 一番新しいセーブデータをデフォルトで選択するようにしました。
  • セーブデータが規定数ある場合新しくゲームが始められないようになりました。
  • 視点の自動調整の計算を削減しました。これによって、ゲームパッド使用時の違和感が軽減されます。
  • 精錬所の音の減衰を向上させました。2d[7]以上は再生されないでしょう。
  • アナログスティックでカーソルを動かす際のカーブの表現を調整しました。
  • 物理演算の効率を向上させました。
  • プラントが集中的にGPU処理を食わなくなりました。
  • 基地の配管と、テザーのネットワークの計算を効率を向上させました。
  • ネットワーク帯域の大半を使っていたのを、大幅に減らしました
0.2.10125.0
0.2.10.125.0
2017-2-16
  • バックパックのクラフトでアルミニウムを一つ使ってダイナマイトが作成できるようになりました。
  • ダイナマイトの見た目、爆発した際のエフェクト、効果音が更新されました。
  • ダイナマイトで基地のプラットフォームや他のオブジェクトを破壊できるようになりました。
  • キャラクターのアニメーションが追加されました。
  • 生成される墜落した宇宙船が9種類追加されました。
  • 植物のアーティファクトが追加されました。
  • 着陸船のモデルを変更しました。
  • 着陸船のRCSエフェクトを変更しました。
  • プラットフォームを交換するのデザインを更新しました。
  • 精錬所のモデル、動きを変更しました。
  • 精錬所の音を変更しました。
  • Steam Expermental 機能を利用してベータ版を遊んでいるときにセーブデータをサンドボックスすることができます。
  • メニューでのゲームパッドのサポートを向上
  • プレイヤーが離れたときにマップの一部を消すシステムを導入したことによってパフォーマンスが向上しました。
  • 16ビットインデックスを使用することによって僅かながらGPUパフォーマンスが向上しました。
  • 将来のアップデートで新しいレシピが追加されたときに於かれましてはすでに研究済みのレシピはもはや使い果たすでしょう。[8]
  • 上記のことによってすぐにあなたにリソースが与えられるでしょう。
  • デコレータの状態の保存と読み出しの関しての幾つかの問題が発生しました。
  • まれに起きる異常な地形生成によって引き起こされる競合を修正しました。
  • 種のシフトクリックすることによってバックパック内で成長してしまう問題等を修正。
  • 導管が、セーブされたプラットフォームに取り付けられないくなってしまうセーブに関しての問題を修正。
  • セーブに関する問題で、導管ナビが、ゲームセーブ後に消えず、葉[9]の上でダイナマイトを使用してしまうのを修正。
  • 酸素タンク補充時のループ音を更新
  • Xbox版で、酸素タンク補充音が最大音量で流れてしまっていたのを修正。
0.2.10119.0 2017-1-22

※全配信版対象。Steam版は「0.2.119.0」。

  • XboxOne版とWin10 Store版間での「クロスプラットフォーム・マルチプレイ」が可能になりました。
  • 『研究項目を持つオブジェクト(未知)』を掘り出す方法を修正します。 「未知」が埋まってる事が判らないように『危険生物』を殺します。
  • 「棘を出す植物」は、掘り起こした後に消滅するようにしました。
  • 「棘を出す植物」をダメージを受けずに飛び越えることができるようになりました。[10]
  • 物理演算の演算範囲を向上させました。例えばゼブラボールはプレイヤーから更に遠くへ転がります。
  • FPSが低い時に乗り物とアイテムが消滅してしまう問題を修正。
  • 『2つのサプライズ』をプレイヤーは発見するでしょう。

備考[編集 | ソースを編集]

  • 「ゲームのパフォーマンス向上のための作業」は水面下でしっかりと進行しています。次のパッチあたりにその効果を体験してください。
  • 本拠地はシアトルのままだけど、パッチ0.2.10.117と0.2.10119.0の間に広いオフィスへ移転したから、開発チームの人数を増やすことが出来たよ!
  • 『新しい追加要素』の一部を、今週の「coming up」か翌週最初のストリーミング配信で披露する予定です。
0.2.10.117.0 2017-1-10

※UWP(Win10ストア版)&Xbox向けアップデート[11]

  • バックパック両サイド計二つの拡張スロットが、タンクフィルターテザー向けにも使えるようになりました。
  • 打ち上げ途中にアイテムを取ることができ、それに伴う「無限にリソース交換できてしまう」問題を修正しました。
  • 酸素タンクが使用できなかった問題を修正。
  • ヒドラジンの交易価値を半分に。
  • ヒドラジンの生成に必要な電力と時間を倍に。
  • トラック上の大型ストレージに取り付けるにあたっての物理演算の問題を修正。
  • 「分岐済みのハブ」をプラットフォームに出来てしまう問題を修正。
  • 宇宙船シャトルの導管分配を生息地と同じようにしました。
  • プラットフォームの高さを決定するアルゴリズムを変更しました。平らな基地が作れるでしょう。
  • セーブデータを読み込んだ際にパックパックからアイテムが浮いている問題を修正
  • セーブ&ロードで再生成された『危険生物』から、新しい「未知」が見つかる問題を修正。
  • 燃料凝縮装置にて、燃料が満たされていない状態でアイテム化できてしまった問題を修正。
  • 『研究アイテム(未知)』が、ゲームを一度セーブしてからロードし直すと、リロードできてしまう問題を修正。
  • クライアント側で、接続されているテザーの光と酸素が見えなかった問題を修正。
  • (同上)、「SFXカテゴリの音」が全く聴こえてなかった問題を修正。
  • 乗り物が接続されている時、プレイヤーが乗り物に乗るのをできなくしました。
0.2.117.0 2017-1-10
  • セーブデータのロードを妨げる可能性のある『4つの重大なクラッシュ』や、マルチプレイ参加時に発生する可能性のあるクラッシュを修正しました。
  • 「埋められてない『研究アイテム(未知)』」が、リロード時に物理演算されていない問題を修正。
  • 多くのローバートラックを一緒に牽引する際に、著しく動作が重く[12]なる問題を修正しました。
  • 交易モジュールにおいて、「交易している最中にセーブするとアイテムが消える」問題を修正しました。
  • 「物理演算の停止距離」を少し調整して、「オブジェクトが地面に落下する事態」の発生率を低減します (より多くの改善を含む)。
0.2.115.0 2016-12-29
  • (0.2.111.0にパッチノートに書かれていなかった事)ロード時にバックパックのアイテムが宙に浮いている問題を修正。
  • (同上)ロード時に研究アイテムが跳ねて危険だった問題を修正。
  • (同上)クライアントが「Launch」ボタンを押せなかった問題を修正。
  • 「Steam MPセッション」に参加しているプレーヤーが、現在セッション中の誰かと友人であることを確認してください。
  • 燃料凝縮装置で不完全な状態の燃料を大量に生成できてしまった問題を修正
  • 『研究アイテム(未知)』が、ゲームを一度セーブしてからロードし直すと、リロードできてしまう問題を修正
  • クライアントで接続されているテザーの光と酸素が見えなかった問題を修正
  • 「SFXカテゴリの音」が全く聴こえてなかった問題を修正。
  • 乗り物が接続されている時にプレイヤーが乗り物に乗るのをできなくしました。
  • 地下のどこかに『骨』が生成されるようになりました。
  • 間欠泉を発見[13]したときにスナップポイントを含まないように。
0.2.111.0 2016-12-22
  • カーソル移動に適用されるゲームパッド(※箱コン)のYボタン反転を修正しました
  • ポーズメニューからアクセス出来るコントロール画面は、コントローラを使用した場合にはコントローラーボタンが表示されるようになりました。
  • クライアントが参加した時にホストのゲームパッドカーソルがおかしくなる問題を修正しました。
  • 座席の中で自分を拾い上げたり、座席から離れることが出来ないようにする能力を修正しました。
  • セーブデータをロードした後、「配置されていないドロップシップ」がおかしくなる不具合を修正しました。
  • 乗り物から離れても座席に座ることが出来る能力を追加しました。
  • 車輌座席に搭乗した状態からドロップシップに座ることが出来る能力を追加しました。
  • バックパックの二つの拡張スロットにフィルター、タンク、テザーを使用できるようになりました。
  • トレードモジュール起動中に、(海賊のようにアイテムを盗んで)無制限に資源を交易できてしまう不具合を修正しました。
  • 「フル充填した酸素タンク」が許可されず、セーブしたプレイヤーが窒息してしまう不具合を修正しました。
  • トレードモジュールでの『燃料』の交易価値を半分にしました。
  • 燃料凝縮装置は、2倍の電力消費と生産時間がかかるようになりました。
  • トラック上にある『大型ストレージ』に物を取り付ける際に発生する「既知の物理演算」問題を修正しました。
  • コンジットハブがすでに分岐していた時、プレイヤーがプラットフォームを作成できてしまう不具合を修正しました。
  • シャトル/宇宙船のハブタイプを「生息地」と同じに変更しました。
  • 「以前に作成したハブ」にシャトル/宇宙船を再接続できるようにしました。
  • 「平らな地形」に「平らなベース」が作られるようにするため、『新たなベース』の高さを選ぶアルゴリズムを修正しました。
0.2.10109.0 2016-12-22

※XBOX ONE/WINDOWS 10 STORE[14]

  • 多くの人のマシン、特にデュアルコアCPUを搭載したマシンで、デッドロックが原因でフリーズする問題を修正しました。
  • 「セーブ・リロード」や「マルチプレイヤーへの参加」など、一般的なゲームプレイに影響を与える10種類のクラッシュ問題を修正しました。
  • 「遠くにあるオブジェクト」のパフォーマンスへの影響を軽減しました。
  • セーブしたものをロードした後に発生する特定のパフォーマンス上問題を修正しました。
  • テザーネットワークを最適化して、フレームレートのパフォーマンスを大幅に向上させました。
  • テザーは供給元から切断された時に暗くなるようになりました。
  • カーソル移動に適用されるゲームパッド(※箱コン)の「Yボタン反転」を修正しました。
  • ポーズメニューからアクセス出来るコントロール画面で、コントローラーボタンが表示されるようになりました。
  • クライアントが参加した時、ホストのゲームパッドカーソルがおかしくなる問題を修正しました。
  • 座席の中で自分を拾い上げたり、座席から離れることが出来ないようにする能力を修正しました。
  • セーブデータをロードした後、「配置されていないドロップシップ」がおかしくなる不具合を修正しました。
  • 乗り物から離れても座席に座ることが出来る能力を追加しました。
  • 車輌座席に搭乗した状態からドロップシップに座ることが出来る能力を追加しました。
0.2.108.0 2016-12-20
  • 多くの人のマシン、特にデュアルコアCPUを搭載したマシンでフリーズする問題を修正しました。
  • セーブリロード、マルチプレイヤー参加、さらに一般的なゲームプレイに影響する10種類のクラッシュ問題を修正しました。
  • 遠くにあるオブジェクトのパフォーマンスへの影響を軽減しました。
  • セーブしたものをロードした後に発生する特定のパフォーマンス上問題を修正しました。
  • テザーネットワークを最適化して、フレームレートのパフォーマンスを大幅に向上させました。
  • テザーは供給元から切断された時に暗くなるようになりました。
  • VRプラグインを無効化しました。
0.2.100.0 2016-12-18 不明な変更
0.2.90.0 2016-12-16
  • 地下に行くとプレイ出来ないレベルのフレームレートになります。特定のハードウェアのコンピューティングリバーブに問題がある模様です。一時的にリバーブを無効にしており、後ほど調査します。
  • Intel Core2 Duo 及び Core2 Quad プロセッサ搭載のユーザ向けのクラッシュを完全に修正しました。
  • ゲームがSteamVRと一緒に起動してしまう問題を修正しました。このゲームにはVR非対応です。
0.2.89.0 事前早期アクセス
0.2.83.0 事前早期アクセス

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. Terrain tool can now be interacted with when backpack is open in order to slot in augments.
  2. Inhibitor
  3. Complete overhaul of equipment unlock progression. Specific equipment unlocks are now dependent on researching certain types of chests while retaining some randomization.
  4. Added an interaction indicator between the Astroneer and held items.
  5. Mellowed out camera behavior when backpack or terrain tool is out.
  6. Fix auxiliary slot items not automatically equipping to backpack auxiliary slots when printed.
  7. dが何を指している単位なのかが分りませんでした
  8. Researching an item when you have already researched all recipes will no longer "use up" that item in regards to when future updates add new recipes.
  9. Leafの訳が不明
  10. ちょうど、映画『ファインディングニモ』のイソギンチャクみたいにね(like that jellyfish scene from Finding Nemo.)
  11. Xbox/UWP版へ、Steam版0.2.111.0と0.2.115.0全ての修正を適用します。以下総括(Steam版特有の問題は適用してません):
  12. 原文では「bad performance」とあり、これはPCのことだと判断しました
  13. 原文では「Disovery」となっており、これは「Discovery」の誤植だと判断しました。
  14. 公式フォーラム『XBOX/WIN 10 PATCH NOTES - MEGA THREAD』スレより